ジャストホームのあなたにジャストな家づくり

熊本のハウスメーカーで新築住宅を建てたい人に役立つ情報ブログ

構造見学会に行ってみよう!構造見学会でのチェックポイントは?

この記事は約1分58秒で読めます

CB⑮-4

こんにちは!平尾です。

マイホームについて考えるとき、間取りやインテリアについてはイメージが湧きやすいですよね。

しかし、工法についてはどうでしょうか。家の構造などは床下や壁の内部など、住まいの完成後には見えなくなる場所です。構造見学会は、こういった場所を自分の目でチェックできる貴重な機会です。

今回は、構造見学会でぜひチェックしてほしいポイントについて解説します。

 

そもそも構造見学会とは?

CB⑮-3
言葉の通りではありますが、家の構造を見ることが出来る見学会です。

床下の様子や壁の中などは、基本的に住み始めてから確認することはできません。住まいづくりは一生に何度もない大切なことなので、自分の住まいの見えない場所がどんな構造になっているのか、知っておきたいですよね。

注文住宅を購入する前に、建築の仕組みや工程、構造に関してしっかりと確認しておきたいという要望は多くあります。構造見学会は、そういった要望に応えるために行われています。

住まいの構造については、モデルハウスにある構造コーナーを見たり、パンフレットを見ながら口頭で説明を受けたりして学ぶこともできるでしょう。

しかし、工事の現場を実際に確認しながら説明を受けた方が、より理解が深まりやすいですよね。そのため、構造見学会で実際に建設中の家を見ることをオススメします。

 

構造見学会でのチェックポイント

CB⑮-1
構造見学会でのチェックポイントは基礎部分や壁量、接合などの耐震性に関わる部分です。

基礎の仕様は布基礎やベタ基礎があり、それぞれに耐震性への異なった特徴があります。

ちなみに、ジャストホームではベタ基礎を採用しております。ベタ基礎とは簡単言うと、建物を“点”ではなく、“面”で支える基礎のことです。建物を面で支えることによって、地面にかかる荷重・圧力を分散させることが出来ます。よって耐震性能も向上するという仕組みです。

また、施工現場の状況のチェックも必要です。現場がきれいに整理整頓されていれば、工事に関わる業者がその住まいを尊重してくれていることがわかります。

しかし、シートや建材が乱雑に置いてあったり、ゴミが散らかっていたりすれば、住まいが丁寧に扱われていないことになり、それは耐震性や耐久性に影響を与えるかもしれません。

家の構造も大切ですが、施工現場自体のチェックも家づくりには大切なポイントになります。

 

いかがでしたでしょうか?

青空と家とクローバー

今回は構造見学会についての紹介とそこでのチェックポイントについてご紹介しました。

ちなみに8/24(土)~8/25(日)にジャストホームでは完成見学会を実施します。場所は合志市合生です。今回の完成見学会は、同じ分譲地に建築中の家がありますので、構造も見学が出来ます。

見学会の詳細はこちらから
↓ ↓ ↓
https://www.justhome.jp/topics/tour/post-3496/

今回ご紹介した内容を踏まえて、ぜひジャストホームの家づくりを体験してみて下さい。

 

熊本で建てる、適正価格の住宅メーカー
株式会社ジャストホーム 平尾

関連記事

  1. 項目
  2. ビルドインガレージ 

アーカイブ

カレンダー

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

熊本の注文住宅

熊本・八代の平屋住宅展示場