ジャストホームのあなたにジャストな家づくり

熊本のハウスメーカーで新築住宅を建てたい人に役立つ情報ブログ

マイホームにタンクレストイレを選ぶメリットとデメリット

この記事は約2分9秒で読めます

8da9b45d2b8e57708847d10263329b3e_s

こんにちは!ジャストホームの平尾です。

家を建てる時に必要な物の一つと言えば、“トイレ”。

賃貸住宅に住んでいる時は、トイレは設置されているものなので、トイレを選ぶということはありませんよね。しかし、家づくりではトイレ(便器)も自分で選ぶことになります。

トイレにも様々な種類がありますので、使い勝手やデザイン、ランニングコストが異なるんです。どのトイレを選ぶかは家づくりや好みによって決める必要があります。

そこで今回はトイレの中でも、タンクレストイレについてのメリットとデメリットをご紹介します。

 

タンクレストイレのメリット

 CB⑳-4

①サイズがコンパクト
タンクレストイレはタンクがない分、サイズがコンパクト。なので、トイレのスペースを広く使えます。トイレのスペースがあまりとれない場合でも、タンクレストイレにすることで、スペースを有効活用出来ますね。

②タンクトイレは節水
タンクレストイレは水を貯めておくタンクがないので、どれだけ少ない水でトイレが流せるかということが重要です。ただ、単にトイレを流すだけではなく、汚れもいかに落とせるかということも忘れてはいけません。

そこで、トイレを扱うどのメーカーも節水機能に力を入れたトイレが多くなっています。

③お手入れもしやすい
お手入れがしやすいというのも、タンクレストイレのメリット。タンクがないので温水便座を上げるのも楽ですし、トイレ自体がシンプルな形なので掃除もしやすいんです。

また、タンクがあってトイレの裏側の掃除が大変と感じたことありませんか?タンクレストイレならば、トイレの後ろ側や床もタンクがないので手が届きやすく、楽に掃除ができます。

 

タンクレストイレのデメリット


bb4cd29e2616dfa61fd38640b8aa4050_s

①手洗いが別に必要になる
タンクレスにすると手洗いを別に設ける必要があります。トイレの中もしくはトイレを出た所に手洗いを設けなければなりません。

手洗いを別に付ける場合は、費用がプラスでかかる可能性もありますので、注意しておきましょう。

②停電時に不便
タンクレストイレは水を流す時にも電気を使いますので、電気がないと水が流れません。じゃあ停電の時はトイレを使えないの?と思いますよね。

実はタンクレストイレには停電時に対応するために後ろのカバーを外すと、手動で流すためのレバーが付いています。ただ、水はバケツやホースで便器内に補充する必要があります。

③水圧が弱い場合は注意が必要
これはタンクがないトイレならではの注意点ですが、例えば3階などの水圧が弱くなりやすい場所に設置する場合、水圧が弱くうまくトイレが流れないという可能が出てきます。

3階ではなくとも、家の前の水道管の大きさによっては水圧が弱い可能性がありますので、心配な方は住宅会社の担当者に確認することをオススメします。

 

まとめ

明確
いかがでしたでしょうか?

タンクレストイレのメリット・デメリットをご紹介しました。タンクレストイレはスッキリしたデザイン性が一番の魅力。デザインにこだわりたい方はタンクレストイレがおすすめです。

1階と2階にトイレを設ける場合は、お客様が使う可能性もある1階はタンクレス、2階はタンク付きという風にすみ分けてみても良いかもしれません。

ぜひ、今回の記事を参考に素敵な水まわりの計画をしてみてください。

熊本で建てる、適正価格の注文住宅
ジャストホーム 平尾 諒太

関連記事

  1. 平屋 御代志 現場 
  2. CB⑬-1
  3. CB⑤-1
  4. 白蟻 対策 シロアリ 処理 薬剤
  5. 室内 温度 熱 逃げる 出入り 窓 開口部 断熱
  6. CB⑭-1

アーカイブ

カレンダー

2021年1月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

熊本の注文住宅

熊本の注文住宅