ジャストホームのあなたにジャストな家づくり

熊本のハウスメーカーで新築住宅を建てたい人に役立つ情報ブログ

合志市御代志の平屋モデルハウスができるまで~⑥基礎打設~

この記事は約1分26秒で読めます

こんにちは!ジャストホームの長田です。

今回は、基礎のコンクリートを流し込む作業
コンクリート打設作業について紹介します。

まずは、基礎の専門用語の紹介

■基礎
家の土台となるコンクリートの事です。
現在の住宅の施工には、大きく分けて「ベタ基礎工法」と「布基礎工法」の2種類があります。
※ジャストホームはベタ基礎工法を採用しています。

■コンクリートを「打つ」
コンクリートを「流し込んで固める」という意味です。
コンクリートを型枠に流し込む作業のことを「打設(ダセツ)」といいます。

■養生
養生とは、打設したコンクリートを固めるために
上からシートをかぶせて水分を閉じ込めることです。

皆さんはコンクリートがどうやって固まるか知っていますか?
あのドロッとした水分が乾燥することで固まると思っている方も
多いのではないでしょうか。

しかし実はその逆で、コンクリートの硬化には適度な水分が欠かせません。
そのため、コンクリートを打設したら表面に水分を散布し、
上からシートをかぶせて水分の蒸発を防いでいるのです。

■スラブと立ち上がり
基礎 スラブ 立ち上がり コンクリート 
「スラブ」とは基礎コンクリートの底面の事です。
「立ち上がり」とは基礎コンクリートのスラブから縦に伸びている部分の事です。
家の完成時に壁ができる部分となります。

■アンカーボルト
基礎 アンカーボルト 
基礎と柱を接続する時に必要なボルトです。
配筋に結束線というワイヤーで固定させます。

コンクリート打設の流れ

基礎コンクリートの打設は、「スラブの打設」と「立ち上がりの打設」の
2回に分けて施工します。

まずは、スラブの部分にコンクリートを打設します。
このタイミングでアンカーボルトも設置し、一緒に固めていきます。
そして表面が平坦になるように慣らしていき、水分を散布して養生します。

その後、スラブのコンクリートが硬化したら立ち上がり部分の型枠を設置し、
立ち上がりのコンクリートを打設していきます。
終わったら同じく養生し、硬化を待ちます。

写真はスラブ打設後、立ち上がりの打設を行っているところです。
(スラブ打設の写真は撮れませんでした…)
基礎 立ち上がり 打設 様子 

次は、「土台敷」について紹介します

熊本で建てる、適正価格の注文住宅メーカー
株式会社ジャストホーム 長田

関連記事

  1. CB⑮-2
  2. 資料請求
  3. 二階建 平屋 比較
  4. 3
  5. 屋根 種類 特徴
  6. CB⑦-1

アーカイブ

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

熊本の注文住宅

熊本の注文住宅