ジャストホームのあなたにジャストな家づくり

熊本のハウスメーカーで新築住宅を建てたい人に役立つ情報ブログ

ベランダ、バルコニー、テラスの違いって?

この記事は約1分31秒で読めます

こんにちは!ジャストホームの長田です。

ベランダとバルコニーとテラスを見分けるためには、「どこに付いているか」「屋根の有無」という2つのポイントで見分けることができます。

今回はそれぞれの見分け方と、使い方について紹介します。

ベランダとは

ベランダ
建物からせり出ていて、上部に屋根がかかっているスペースのことを「ベランダ」といいます。

屋根があるので、雨の日でも洗濯物を干すためのスペースとして使うことができます。また一戸建て住宅を建てる際の立体感を出すためにも、デザイン性や外壁の色の張り分けを考えてみるといいでしょう。

しかしベランダを覆うために前方に屋根が伸びているので、ベランダが付いている部屋には太陽の光が入りにくくなることもあります。

住宅会社の設計の段階で、ちゃんとした採光がとれるかどうかを確認しておきましょう。

バルコニーとは

バルコニー
建物の2階以上についていて、屋根がないスペースのことを「バルコニー」といいます。

写真のように、手すりだけで囲われていることが多いです。

屋根が付いていないので雨の日などに洗濯物を干すのには向きませんが、太陽の光を遮るものが無いので部屋の中には自然の光が入りやすくなります。バルコニーで植物を育てたりするのもおしゃれですね。

ただバルコニーはデザイン上、写真のように手すりが低めに作られることもありますので、小さいお子さんがいる家庭は落下などの事故には十分気を付けましょう。手すりの高さを上げるなどの対策がとれるのかも住宅会社に確認するといいでしょう。

テラスとは

テラス
テラスとは、建物の1階部分に付いているスペースのことをいい、屋根が付いているかどうかは関係ありません。

建物の1階のフロアと同じ高さで外に広がっているので、部屋を広く見せる効果もあります。

使い方としては洗濯物を干したり、テーブルやいすを置いてゆっくりとくつろぐ…なんてこともできます。

「…じゃあ1階で上部に屋根が付いていたらベランダ?テラス?」

実はこの2つには明確な線引きはありません。しかし日本での認識としては、2階以上にあるのが「ベランダ」で1階にあるのが「テラス」というイメージが強いようです。

ですので、住宅会社に要望を伝えるときには無理に専門用語を使わずにどんなスペースを作りたいのか、そこで何をしたいのかを伝えるようにすればいいでしょう。

熊本で建てる、適正価格の注文住宅メーカー
株式会社ジャストホーム 長田

関連記事

  1. 地震 余震 対策 
  2. 土地
  3. 建築条件付き 土地 宅地 不動産 仲介 合志 菊陽 城南 熊本
  4. 電力 自由化 
  5. 都市計画 開発

アーカイブ

カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

熊本の注文住宅

熊本・八代の平屋住宅展示場