ジャストホームのあなたにジャストな家づくり

熊本のハウスメーカーで新築住宅を建てたい人に役立つ情報ブログ

今後、住宅ローンの金利は上がる?下がる?

この記事は約1分25秒で読めます

金利 住宅ローン 変動 
こんにちは!ジャストホームの長田です。
住宅ローンを借りる際、その利息として「金利」が発生します。

現在の住宅ローンの金利はおよそ1~2%で、しばしば「歴史的低金利」と
呼ばれています。

金利は経済状況によって変動しています。
そしてこの変動をうまく読み取ることが、住宅ローンを
効率的に借りるために非常に重要となります。

1%の変化で、総支払額はどれだけ変わる?

仮に、次のような住宅ローンを組んだとします。

【借入金額:2500万円 金利:1% 返済期間:35年 ボーナス返済無し】
この場合の月々の支払金額は70571円となり、金利の支払いも含めた総支払額は約2964万円となります。
では、この条件のうち、金利の部分を1%⇒2%に変えたらどうなるでしょう。

【借入金額:2500万円 金利:2% 返済期間:35年 ボーナス返済無し】
この場合、月々の支払金額は82815円となり、金利の支払いも含めた総支払額は約3478万円となってしまいます!
なんと金利が1%変動するだけで最終的な支払金額は約500万円も上がってしまうんです。

では、金利はどのようなことがキッカケで変動するのでしょうか。

注目すべきは社会の「景気」

金利は景気の変動に伴って変わっていきます。
景気がよくなれば金利が上がり、景気が悪くなれば金利も下がるといった感じです。

例えば不況の場合は、
「景気が悪くてあまり住宅が売れない…」⇒「販売を促進させるためにも金利を下げよう!」
となるわけです。

実際、1990年代のバブル景気のときの金利は最大で約8%まで上っていました。
しかし、それ以降は景気が下がり続けているため、金利も下がっています。

今後はどうなる!?

アベノミクスやオリンピックの開催などにより日本の景気は
今後回復していくということが予測されています。
よって金利も今後は上昇傾向にあると言われています。

マイホームに興味はある、でも自分たちがどれくらい住宅ローンを組めるのかわからない。
また、こんな要望の家はいくらくらいで建てることができるのか。

そのような疑問をお持ちの方は、是非一度お金の相談をしてみてはいかがでしょうか。

熊本で建てる、適正価格の注文住宅メーカー
株式会社ジャストホーム 長田

関連記事

  1. 準都市計画区域 規制
  2. 仲介料 不動産 販売 
  3. 税金
  4. 登記
  5. 解体 できない 建替え 土地 建物

アーカイブ

カレンダー

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

熊本の注文住宅

熊本・八代の平屋住宅展示場